島根県 松江市 宍道町 社会福祉法人 島根ライトハウス|各種社会福祉施設の運営|

qrcode.png
http://s-lighthouse.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

社会福祉法人
島根ライトハウス

〒699-0403
島根県松江市宍道町西来待2074-1
TEL.0852-66-7770
FAX.0852-66-7771
──────────────
障がい者支援施設「しののめ寮」
障がい者福祉サービス事業
障がい者共同生活援助事業「はるか・なつか」
障がい
者相談支援事業「ねっとわーくしののめ」
日中一時支援サービス
視覚障がい者情報提供施設「ライトハウスライブラリー」
特別養護老人ホーム「ゆめハウス」
短期入所生活介護事業
通所介護事業
居宅介護支援事業
養護(盲)老人ホーム「かんなび園」
(外部サービス利用型指定特定施設入居者生活介護事業)
訪問介護事業
特別養護老人ホーム「なのはな園」
短期入所生活介護事業
通所介護事業
居宅介護支援事業
──────────────

 

482222
 
 

新着情報!!

新着情報!!
 
後援会より助成金をいただきました
2017-07-25
平成29年7月21日(金)、島根ライトハウス福祉事業後援会助成金授与式があり、平塚会長より各施設に助成金をいただきました。
たくさんの会員の皆様の会費の中から頂いた助成金ですので、有意義に使わせていただきます。
後援会会員の皆様ありがとうございました。
 
蜆をご寄贈いただきました
2017-07-06
 平成29年7月5日(水)に、宍道湖漁業組合、宍道湖蜆漁業組合から12.5kgの蜆をご寄贈いただきました。
 早速、蜆汁にして利用者の皆さんに出させていただきました。おししい蜆をありがとうございました。
 
 
 
法人内研修を行ないました
2017-06-28
 平成29年6月23日(金)に、法人内研修を行ないました。今回は、独立行政法人労働者健康安全機構島根産業保健総合支援センターメンタルヘルス対策促進員の福本健二氏を講師にお招きし、「職場でのストレスとうまく付き合っていくために」と題しご講演をいただきました。
 当日は、法人職員約110名あまりが参加、仕事をするうえで避けては通れないストレスの問題につき勉強しました。
 法人では、定期的に法人内研修を実施しており、次回は、11月に人権研修を開催する予定です。
 
地域貢献活動を行いました
2017-06-12
 平成29年6月11日(日)に、地域貢献活動を実施しました。67名の職員が参加し、8時から1時間ひかわ図書館の除草作業を行ないました。
 当日は雨模様でしたが作業中は雨も降らず、植え込み等をきれいにすることができました。
 秋には、宍道湖岸の清掃活動を予定しています。
 
 
 
 
高尾先生を偲ぶ会を開催しました
2017-05-02
5月2日(火)高尾先生の胸像がある法人本部玄関前にて、高尾先生(島根ライトハウス創設者)を偲ぶ会を開催しました。
多くの関係者の皆様にご参加いただきました。ありがとうございました。
 
 
平成29年度辞令交付式を執り行いました
2017-04-10
 4月3日(月)、辞令交付式を執り行いました。新規採用、昇任の職員に青戸理事長から辞令が渡された後、理事長訓示、新規採用者代表の宣誓、島根ライトハウスの歌の斉唱を行い閉式しました。
 閉式後、配属先での業務に就きました。
 
 
ヨシ刈りボランティアに参加しました
2017-03-07
 3月4日(土)、宍道湖水環境改善協議会「宍道湖だんだんプロジェクト」の一環として開催されたヨシ刈りボラに参加しました。多数の企業が参加し、全体では210名あまりの方々が活動をしました。
 朝9時からゴビウス近くの出雲市園町湖岸のヨシ刈りとゴミ拾いを行いました。当日は、晴天にも恵まれ清々しい気持ちで終えることができました。
 また、来年も法人として参加したいと思います。
 
平成28年度事業報告会を開催しました
2017-02-28
 26日(日)、平成28年度島根ライトハウス事業報告会を開催しました。今回は、助言者に学校法人広瀬学園島根総合福祉専門学校余村望理事長におこしいただきました。
 当法人青戸理事長の「共創と協働」と題した基調報告に続き、基調講演では、佐藤力法律事務所佐藤力弁護士より「人権~障害者差別解消法について~」という演題で、人権、差別問題についてご講演いただきました。
 役職員94名、新規採用予定職員にに加え、地元民生委員さんにもご参加いただきました。
 それぞれの事業所の取り組み事例を報告し、それについての意見や助言をいただき、大変有意義な会となりました。
 
 
伊波野地区寿昌クラブ様よりタオルをご寄贈いただきました
2017-02-06
 2月1日(水)ひかわ福祉の里(かんなび園、なのはな園)に、伊波野地区寿昌クラブ様よりタオルをご寄贈いただきました。
 大切に使わせていただきます。ありがとうございました。 
 
 
 
 
年頭の挨拶
2017-01-01
 皆様には新春のお慶びを申し上げます。今年もすべての人にとって最良の年となりますことを祈念いたします。
 さて、社会福祉法の一部が改正され、その主なものが本年4月より変更となります。これは評議員会の機能強化による経営組織のガバナンス強化、適正・公正な支出管理と残余額(余裕財産)の活用による新たな事業を進めるための財務規律の強化にあります。まず、評議員会については長年に亘って理事会主導で法人の意思決定をしてきたものが、事業の実務者を含まないメンバーによって決定していくことになるため、そつのない運営が機能するまでは実効性の空白期間と言えるでしょう。従って、法人事務局体制の強化が求められることになります。次に、残余額による新たな事業展開については新たな福祉事業や福祉制度の狭間にある人たちへのサービス提供がその主なものになるわけですが、人材不足が蔓延する福祉業界にとっては担い手が大きな課題となるでしょう。また、このことは従前から社会福祉法人の主体性の中で取り組まれてきたことであることからも、義務化されることによって生ずる多くの制限が実は本来の目的を阻害しないか案ずるところです。
 次に昨年発生した障害者支援施設での利用者殺傷事件はグローバル社会が進展した現代社会の中で障害者に対する差別や優生思想などによるヘイトクライムや人権を否定する思想が根幹にあったことは大きな衝撃であり、関係者の心を痛めたこととして記憶に新しいところです。私たち福祉の従事者、関係者はいかにして利用者の人権や生命を守ろうと日々奮闘しているわけですから想像を絶する事件でした。昨年のアメリカ大統領選挙の有権者意識やヨーロッパ諸国に見られる難民や異人種を排除するナショナリズム思想が表面化していることも「差別」を基本としたことであり、このような考え方が浸透成長することにより社会の違和思想が進展することを危惧してやみません。
 終わりに、当法人は第2期中期経営計画の中で地域にある生活しづらさの課題への対応策を盛り込んでいます。2期中期経営計画の進捗管理会議ではニーズ調査の取り組みが報告されていますが、今後は具体的課題について法人職員の“共創と協働”の行動力をもって取り組んでまいります。人口減少と高齢化や経済の低迷で急速に閉塞する地域社会において社会福祉事業にとどまらず地域から求められる包括的支援の取組みを進めてまいります。
 今後も利用者と地域社会のために尽力してまいりますので、皆様のご理解とお力添えをいただきますことをお願いして年頭のごあいさつとします。
社会福祉法人島根ライトハウス 理事長 青 戸  亨
<<社会福祉法人 島根ライトハウス>> 〒699-0403 島根県松江市宍道町西来待2074-1 TEL:0852-66-7772 FAX:0852-66-7773