島根県 松江市 宍道町 社会福祉法人 島根ライトハウス|各種社会福祉施設の運営|

qrcode.png
http://s-lighthouse.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

社会福祉法人
島根ライトハウス

〒699-0403
島根県松江市宍道町西来待2074-1
TEL.0852-66-7770
FAX.0852-66-7771
──────────────

障がい者支援施設「しののめ寮」
障がい者福祉サービス事業
障がい者共同生活援助事業「はるか・なつか」
障がい
者相談支援事業「ねっとわーくしののめ」
日中一時支援サービス

視覚障がい者情報提供施設「ライトハウスライブラリー」
特別養護老人ホーム「ゆめハウス」
短期入所生活介護事業
通所介護事業
居宅介護支援事業
養護(盲)老人ホーム「かんなび園」
(かんなび園特定施設入居者生活介護事業)
特別養護老人ホーム「なのはな園」
短期入所生活介護事業
通所介護事業
居宅介護支援事業

──────────────

 

503867
 
 

新着情報!!

新着情報!!
 
平成30年度辞令交付式を執り行いました
2018-04-02
 平成30年4月2日(月)、辞令交付式を執り行いました。新規採用、昇任等の職員14名に青戸理事長から辞令が渡された後、理事長訓示、新規採用者代表の宣誓、島根ライトハウスの歌の斉唱を行い閉式しました。
 閉式後、配属先での業務に就きました。
 
 
かんなび園事業形態の変更について
2018-04-01
 かんなび園では、介護が必要な方は、「特定施設入居者生活介護事業」という介護保険事業で対応しておりましたが、新年度よりこの事業形態を変更することに致しました。この変更に伴い、訪問介護事業所を閉鎖することに致しましたことを、併せてお伝えさせていただきます。
 なお、詳細につきましては、かんなび園の項目をご覧下さい。
 
ヨシ刈りボランティアに参加しました
2018-03-05
 平成30年3月3日(土)、宍道湖水環境改善協議会主催で開催された「ヨシ刈りボランティア」に参加しました。多数の企業が参加し、全体では100名あまりの方々が活動を行いました。
 朝9時から宍道湖西岸なぎさ公園湖岸付近でヨシ刈りとゴミ拾いを開始。当日は、晴天にも恵まれ清々しい気持ちで終えることができました。
 また、来年も法人として参加したいと思います。
 
平成29年度事業報告会を開催しました
2018-03-05
 平成30年2月25日(日)、平成29年度島根ライトハウス事業報告会を開催しました。今回は、助言者に学校法人六日市学園理事田原秀樹氏、学校法人広瀬学園島根総合福祉専門学校副校長堅田知佐氏におこしいただきました。
 当法人青戸理事長の「ふくし時流~これからの福祉を考える~」と題した基調報告に続き、基調講演では、田原氏より「”育み合い、支え合う地域つくり”と福祉施設の役割 ~苦情とクレーム対応について~」という演題で、ご講演いただきました。
 役職員87名、新規採用予定職員にに加え、地元民生委員さんにもご参加いただきました。
 それぞれの事業所の取り組み事例を報告し、それについての意見や助言をいただき、大変有意義な会となりました。
 
 
島根ライトハウス福祉事業後援会からご寄付をいただきました
2018-01-23
 島根ライトハウス福祉事業後援会平塚智朗会長より11月23日、12月2日に開催されたチャリティー上映会の収益金の一部をご寄付いただきました。 
 ありがとうございました。
 
【後援会より】チャリティー映画上映会の収益金を寄付しました
2018-01-23
 島根ライトハウス福祉事業後援会より、11月23日、12月2日に開催されたチャリティー映画上映会の収益の一部を、島根県共同募金会に寄付しました。
 1月23日、平塚智朗会長から島根県共同募金会常務理事長谷和典様に寄付金の贈呈をしました。
 
【後援会より】チャリティー映画上映会の収益金を寄付しました
2018-01-23
 島根ライトハウス福祉事業後援会より、11月23日出雲、12月2日松江で開催されたチャリティー映画上映会の収益の一部を、山陰中央新報社会福祉事業団に寄付しました。
 1月23日、平塚智朗会長から山陰中央新報社会福祉事業団瀬島裕樹常務理事様に寄付金の贈呈が行なわれました。
 
年頭のあいさつ
2018-01-01

 皆様には新春のお慶びを申し上げます。今年もすべての人にとって最良の年となりますことを祈念いたします。

 さて、改正社会福祉法が昨年4月に全面施行され、社会福祉法人のあり方が問われた1年でした。特に、社会福祉法人による公益的取組みについては、下記に述べる状況により今後は強く求められることと思います。これについて当法人では、昨年4月以降から被災や生活困窮などの理由により一時的に住まいの提供が必要な人に対して、緊急受け入れを行ってまいりました。実績としては4件でいずれも生活困窮により、住居を持たない人でした。利用後は生活保護により新たな生活に移られています。担当行政等だけでは支えられないところを、それぞれの立場が関わり支援することにより、個人の人生を良い方向に修正することができることを実感し、支援者の拡大を進めることも行ってまいりたいと思っています。

 また、この4月は介護・障害福祉サービスの報酬改定、診療報酬改定、第7期介護保険事業計画、第5期障害福祉計画、第7次医療計画、第3期医療費適正化計画の始まりとなり、政策実行者にはとても都合の良い時期となります。これは、2015年から着々と進められている2025年問題対策として、新たな社会保障施策のステージの始まりになります。「地域共生社会の推進」の名の下に、公的責任によるものではなく住民互助・住民共助による地域社会の維持を目指すことになります。しかしながら、生活全般の場面での格差がさらに拡大することが心配されてなりません。

 次に社会福祉事業に欠かせない人材不足の状況は今後の福祉サービスのあり方を変える理由になっているのかもしれません。つまり、「生活上の福祉課題は自己責任で解決して下さい」という「地域共生社会の姿」なのかもしれません。この人材確保についても、当法人では、介護士・看護師養成のための修学支援制度を充実させ修学資金の提供を行っています。また、育児支援や研修制度を充実させ職員の定着を図っていますが、今後は、人材育成の視点での取組みを行ってまいります。

 終わりに、人口減少と少子・高齢化に加え、経済の低迷が進行する地域社会において、福祉サービス対象の方にとどまらず、地域住民が元気になり地域社会が活性化するように種々の取組みを進めてまいります。

 今後も福祉サービス利用者と地域社会のために尽力してまいりますので、皆様の一層のご理解とお力添えをいただきますことをお願いして年頭のごあいさつとします。

 

                               社会福祉法人島根ライトハウス 理事長 青戸 亨

 
永徳寺花園会女性部様より布巾をご寄贈いただきました
2017-12-01
 平成29年12月1日(金)ひかわ福祉の里(かんなび園、なのはな園)に、永徳寺花園会女性部様より手作り布巾をご寄贈いただきました。
 大切に使わせていただきます。ありがとうございました。 
 
 
 
 
法人内研修を行ないました
2017-11-21
 平成29年11月20日(月)に、法人内研修を行ないました。今回は、立教大学コミュニティ福祉学部福祉学科教授平野方紹氏を講師にお招きし、「障害者施策の動向とこれからの法人・施設の行く末」「社会福祉における意志決定支援にどう取り組むのか」と題しご講演をいただきました。
 当日は、法人職員約120名あまりが参加、我々が取り組むべき業務の本質を再認識させていただけたようなお話でした。また、制度改定のポイントも分かりやすく解説していただきました。
 法人では、定期的に法人内研修を実施しております。次回は、来年2月に法人内での取組み事業を報告する、事業報告会を開催する予定です。
<<社会福祉法人 島根ライトハウス>> 〒699-0403 島根県松江市宍道町西来待2074-1 TEL:0852-66-7770 FAX:0852-66-7771